MENU

キャッシングの返済は遅れないようにする

キャッシングの返済を遅延してしまうと、通常の利息よりも高い利率の遅延損害金というものが発生する場合があります。おそらく、2、3日くらいの遅れであればそれほど問題ありませんが、あまりにも支払いが遅れてしまうような場合は覚悟しましょう。

 

返済日に借りたお金を返済すると約束しているのに返済しない場合、遅延損害金が発生するのは当然のことです。そのペナルティとして遅延損害金が発生するのです。

 

この遅延損害金は、前述の通り、通常の利息よりもかなり高い利率が設定されています。キチンと返済していれば、支払わなくても良いお金を余計に支払わなくてはいけないので、絶対に支払日に返済するようにしましょう。

 

しかし、どうしても返済が間に合わない場合は、事前に連絡をしましょう。きちんと連絡を入れておけば、遅延損害金は支払わなくても良い場合が多いです。

 

また、返済日に1日でも遅れると信用がなくなってしまいます。支払いに1日遅れるだけでは、遅延損害金が発生しないので、目に見える損害はないように考えがちです。しかし、たとえ1日の遅れでも、それを繰り返すと、信用がなくなり、キャッシングの限度額の引き下げや利用停止などのペナルティを受けることになります。

 

そして、最悪の場合は、ブラックリストに載ってしまうこともあります。そうなると、将来、車のローンを組む時や住宅ローンを組む時などに審査で落とされる可能性もあります。